News

ベトナムにおけるテスターについての5つの勘違い

1️⃣ テスターって簡単な職業なんだ! 「テスターがいなくても開発者は製品を作り出せる」、「開発製品がないとテスト作業が生まれない」などの理由で、開発作業と比べてこういう観念は正しいかもしれませんが、「テスト完了」とは絶対簡単に定義できないものです。 何故かと言うと、同じ時間、同じ製品に対してテスターによって検証の網羅率(テストケース数とかで表される)が違うからです。テスターにとっては仕事の圧力がないとも言えないです。ある製品を検証する時、特に既存の大きなシステムの場合、テスターは製品/システムに関する知識は豊富ではないとなりません。

2️⃣ テスターの給料が安い フレッシャー・ジュニアのテスターの場合はそうかも知れませんが、経験が豊かなテスターはそういう話がありません。10~30万円ぐらいも入手できますよ。 これぐらいの給料は他の職業と比べたら低いものではないのですね。また、シニアテスターやISTQBなどの証明書を持っているテスターの場合は給与が更にアップされます。

3️⃣ テスターは後期の作業だけを担う 一般的の観念では、テスターは案件の後期時点だけ参加するということです。テスターの責任は最終の品質を保証するためですが、できるだけ早速案件に手を入れるべきがと考えております。 というのは、案件の期間を渡って追跡し、検証すると、後ほどのリスクやバグ数も制限できます。また、回帰検証やバグ対応を徹底的に回避できるので、工数面でも効果をもたらすのです。

4️⃣ 開発者とテスター間の関係はあまり良くない??? 開発とテストは製品作りにとって欠かせない2つの固定だと言えます。最終の目的はユーザー向けの最高な製品を作り出すので、共通の目標を立てられるなら、開発者とテスターは互いに助け合います。現在、DevOpsとAgileと共に、自動化テストの一般的な適用により、開発者とテスター間の関係は益々緊密になっていきます。

5️⃣ 男性はテスターという職業に相応しくない! 現在のテスターは殆どが女性ということは事実ですが、男性がテスターになれないわけではありません。 現在、ゲーム検証、モバイル検証や自動化テストなどの需要が高くなるので、興味さえあれば、男女を問わず誰でもチャレンジできます。