News

【内部トレーニング】8月度の「ソフトウェア設計コース」

VietISでは、内部トレーニングは常に取締役会に重視・関心され、毎年投資されている。今年、コロナウイルスの感染で業績に多少影響が出ているが、取締役会はできる範囲で重要なトレーニングコースを開催し、多くの従業員に外部コースを登録することを奨励しようとしている。

長い期間で準備や計画を立てた後、8月に製造課の課長、プロジェクトマネージャー、プロジェクトの技術リーダーを対象とした「ソフトウェア設計コース」を展開した。このコースは40時間で行われ、次のようなソフトウェア設計分野の基本的な内容や概要が含まれる。

ソフトウェア設計の基礎

ソフトウェア設計における課題

・ソフトウェアアーキテクチャ

・設計言語とテクニック

・UI/UX設計

・API

・DB設計

・情報セキュリティ設計

・設計品質の分析と評価

・設計ツール

・設計をソースコードとの同期

・ケーススタディ

トレーニングコースは8月15日から8月29日まで開催された。

「このコースは、最初のステップの要件分析、プロトタイプ作成、システムを展開するためのソリューション提案、システム設計ドキュメントの作成に役に立つ。」と1人の参加者が述べた。 他の参加者が実際にソフトウェア設計をまだやっていないが「コースの主な内容が設計業務であり、現在設計業務に触れないが設計原理、ソフトウェアアーキテクチャ、といった内容が現在の開発業務に適用できる」のでコースを高く評価した。

トレーニングコースへの少なくない投資額で取締役会は、このコースが従業員たちの現在の業務に必要な情報と知識を提供することを期待している。 あなたがそれを実適用し、自分のものにする時のみ本当に知識を得る。それで時間を割いて知識をまとめて自分の業務改善に適用できる内容を洗い出してください。