【ソフトウェア設計教育】ベトアイエスレベルアップ

VietIS

ベトアイエスでは、レベルアップのために、定期的にソフトウェア開発における教育を行っております。人材は大切にする会社の方針を基に外部へ外注して、プロフェッショナルの方にベトアイエスに来てもらって教育を行います。

2020年度にはコロナウイルスの感染で経営と製造の状態に影響が出ていますが、会社は教育のコストを削減せずに、一方社員教育を強化していくと考えています。

今回、2020年8月のコースは部長、PM,テックリーダーを対象にして、8月15日から8月29日まで実施しました。

教育のコンテンツは下記となります。

―ソフトウェア設計

―ソフトウェア設計における課題

―ソフトウェアアーキテクチャ

―設計言語とテクニック

―UI/UX設計

―API・DB設計

―情報セキュリティ設計

―設計品質の分析と評価

―設計ツール

―ソースコードとの同期設計

―ケーススタディ

コースに参加した社員の感想

Aさん:「このコースは基本的にお客さんの要件分析、プロトタイプ作成、システム設計のソリューション、システム設計ドキュメントの作成等私は全体的に理解出来ました。」

Bさん:現在、設計の業務にまだ触っていないですが、開発の業務に支える設計知識とソフトウェアアーキテクチャを理解出来ました。このコースは開発者にも必要ですと話しました。

今回のソフトウェア設計のコースは会社が予算をかなりかけて、行いました。社員特に部長、PM,テックリーダーに設計レベルをアップさせて、実際に関わる開発案件に活用されるように期待しています。